新潟県新発田市のフロアコーティングに関するブログです | フローリング塗装、塗り替えをお考えの方は新潟県新発田市のコートテック新潟にご相談ください。

コートテック新潟
UV塗装のフロアーコーティング
ブログ
2018年02月10日 [Default]

UVコーティングは、何年持つのか?

UVコーティング(塗装)は、何年持つのか?ですが、塗膜が摩耗、破損しない限りとしかお答えできません。最近の家具にも多くUV塗装が取り入れられており、長年愛用されている事、UV塗装が開発され40年近くになると言われていますが、輸入品の家具に使用されたUV塗装にも美しい光沢が残っています。最近のフロアー材にも多くUV塗装が施されています。摩耗、破損しない限りと言いましたが、使用の仕方、キズの付く手入れ、拭き方が悪い、等で細かな傷(ヘアーライン)で薄ぼんやりと陰ったり光沢が引けたりとすることはあります。フローリングで言うならば隅の部分は活膜で何ともない、家具の置いてある下の部分などが考えられます。人が多く歩く重歩行部分のスリッパ傷や椅子や何かの引きずり傷によってダメージを受ける箇所はありますがこれらで塗膜剥離などは考えにくいことです。長年の使用には経年劣化をお考え下さい。どんな物でも同じではないでしょうか。ただ手直しはできます弊UVコート剤はメーカーの開発研究で手直しも、塗替えも可能です。塗り直しは無理と思っていた方も多くいたのでは無いのでしょうか。ただ下地の木目を活かした浸透性の塗料での着色してトップを、と言うのは課題も残り現場を見てと、なります。今回は、この様な事しか答えられませんが、また気ずいた事があればご報告いたします。工場出荷でUV塗装されたフロアー材も上記のように経年経過で始めの風合いを求めている方も沢山いらっしゃる事と思いますが是非、御相談ご一報をお待ちしています。


お問合せはこちら

PageTop